過剰な内臓脂肪は、生活習慣病のリスクが高くなり、危険です。また猫背、高脂血症をはじめ、様々な病気を引き起こす原因にもなります。当サイトでは、内臓脂肪の減らし方について、食事療法や運動、エクササイズ、薬の対処法など、内臓脂肪についての総合サイトです。

内臓脂肪は生活習慣病のリスクとなります

内臓脂肪が最近では健康に関心のある方だけでなく、身近な話題になっています。その名の通りにこの脂肪はお腹の内側について、内臓を衝撃などから守る働きをしています。

ですから適度についている場合は、むしろ健康のために必要になっているのです。

ところが、過剰に内臓脂肪がついてしまうと、かなり生活習慣病のリスクが高くなってきます。加えてこの脂肪が内臓本来の働きを邪魔してしまい、正常に動かなくなってしまう場合もあるのです。

特に最近、やたらとお腹がぽっこりしてきたりした場合、内臓脂肪の付き過ぎを疑ったほうがいいでしょう。つまり脂肪が内臓の中で多くなりすぎて、お腹がぽっこりと膨らんでいる状態になっているからなのです。特にお腹が縦にぽっこりと膨らんでいる場合は要注意なのです。

まったく内臓脂肪がない場合も危険ではありますが、現代人でスポーツ選手でもない限り、この厄介な脂肪は常につきやすいのです。その理由は運動不足と食生活にあります。特に男性の場合、若い頃はスポーツを行っていたけれども、やめてしまった方はつきやすいようです。

加えていわゆる「ノミニケーション」で脂っこいおつまみをアルコールと一緒に摂ってしまっている場合、かなり付きやすくなっているのです。

内臓脂肪がついてしまうと生活習慣病のリスクだけでなく、呼吸が浅くなってしまったり、脂肪で膨らんでいるお腹のせいで猫背になりやすいのです。また血液内に脂肪が溶け込んで、高脂血症をはじめにさまざまな病気を引き起こしてしまう原因となっています。

▲このページのトップへ


携帯版のQRコード

内臓脂肪の減らし方~脂肪を燃焼させよう~:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://internal-organsfat.informationsite.biz/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。